×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

外壁塗装で失敗しない5つの法則

外壁塗装などのご自宅やアパート・マンションなどの所有物件のメンテナンスは定期的にしていますでしょうか。外壁塗装は、美観性を高めるという目的もありますが建物を長期的に守るという補修・修繕の意味でも重要です。
塗装工事の依頼で失敗しないためにも、以下の5つの法則を覚えておきましょう。

外壁塗装で失敗しないための必須項目

外壁塗装で失敗しない5つの法則

外壁塗装でよく聞く失敗談は、「工事内容に不満がある」といった施工内容によるもの、「塗装工事の費用が予算以上だった」という費用に関するもの、「外壁塗装の見積もりの内容が不明瞭」といった見積り内容など様々です。
安い買い物ではないので、このような失敗談にあるような失敗をしないためにも、しっかりと塗装専門の会社と話せるくらいの知識は持っておいて損はしないでしょう。
外壁塗装・屋根塗装xのカラーシュミレーション

外壁塗装の塗装会社選びで失敗しない法則

外壁塗装を依頼する塗装会社を選ぶ時のよくある失敗をご紹介します。

一括見積請求サイトの驚愕の真実

複数の会社に相見積もりを取るということは知っていたので、一括で見積り依頼ができる便利な塗装会社紹介仲介サイトを使った。
うまく3社の見積もりを入手でき、その中から1社に絞って塗装工事をしたが、後から紹介サイトの驚愕の事実を知り後悔している。」

という話を最近はよく耳にします。
どういう事かというと、一括で塗装会社の見積請求ができるサイトはほとのどが塗装の事を知らないWeb会社が運営しています。そして、塗装会社から紹介料を受け取っているので、結果的に見積りの金額にその紹介料分が乗っかっているので相場より高くなります。
引っ越しや保険関係の一括請求サイトと同じやり方なので注意が必要です。

外壁塗装の工事内容で失敗しない法則

外壁塗装での失敗談の一つ「工事内容」で失敗しないための法則をご紹介します。工事内容なんて実際に工事が始まらないと分からないと思っている方も多いかもしれませんが、実は契約前の段階でも見極める法則があります。
まだ外壁塗装を依頼する塗装会社を決めていないという方は参考にしてください。

職人の質は肩書きだけではないという事実

最近では、外壁塗装の専門の会社でもホームページを持っている会社が多くなりましたが、その中から検索して工事を依頼する会社を決めているという方も少なくないでしょう。
ホームページを見ていると、一級塗装技能士の資格をアピールしている会社もありますが、実際にはその人が塗装をするかどうか分からないので、もし塗装をする職人を選ぶことができるのであれば、資格を持っている人を指名するといいでしょう。
美容室の指名のように、職人の一日当たりの費用も高くなる可能性もありますが、失敗しないためには必要な経費なのかもしれません。

外壁塗装の工事費用で失敗しない法則

次に外壁塗装の失敗談で多いのが費用面でのトラブルです。最初に出してもらった見積書の内容では予算内だったので安心して任せていたけど、工事の途中で追加工事が必要になって費用も追加されるなんて言う話は珍しくありません。
実際、リフォームなどの工事では最初の基本工事と工事途中で追加される追加工事があるのは日常茶飯事なので、その分の費用も最初に考えておくと良いでしょう。
また、追加費用が発生しないように最初の見積もりの段階で全ての可能性を考慮してもらうというのも悪くありません。
いずれにしても、想定内の工事金額に収めるためには、外壁塗装を依頼する塗装会社と意思の疎通をしておく必要があるでしょう。

外壁塗装の工事費用はどこまでやるか

逆に、予算が決まっているのであればその費用でどこまでの塗装工事ができるのかを塗装会社に確認するというのも一つの方法です。
例えば予算が100万円と決まっていて、外壁塗装と付帯部の塗装とシーリング工事と屋根の塗装を依頼したいと思ったら塗装会社に希望内容を伝えましょう。誠実な塗装会社であれば「全部できます」ではなく「これとこれはできません」という返答があるでしょう。
もちろん、予算によっては全部できる可能性もありますが、大抵は塗料のランクを下げたり職人の質を下げることで安くしているというところが多いです。

外壁塗装の見積り内容で失敗しない法則

外壁塗装に限らず、見積書の内容は専門家でないとなかなか読み解くことはできないでしょう。塗装工事の専門用語が並んでいて、相場がいくらなのかわからない単価がたくさん記載されている。場合によっては一式いくらという記載の部分もあり全く意味がわかならないという事も多々あります。

結局は専門家に説明してもらうのがベスト

当たり前ですが、見積書の内容が一番よく分かるのは見積り書を作った人です。その外壁塗装の担当の人に見積書の内容を説明してもらうようお願いすると良いでしょう。
誠実な塗装会社であれば、郵送で送って検討してねという感じではなく、見積書の内容の説明に行きますよというスタンスの会社が多いです。現地調査の時見積書の説明の時最低でも2回は担当の人と会って話をしたほうが良いでしょう。
間違っても郵送で送ってもらうだけで判断しないほうが良いでしょう。
お見積書の内容を隅々まで説明してくれる、素人が分からないことを分かるまで説明してくれる担当者がいる会社は安心して任せることができる塗装会社です。

外壁塗装の費用対効果で失敗しない法則

外壁塗装は、住宅の定期的なメンテナンスです。
塗料の品質やグレードによって耐用年数(次の塗装工事までどれくらい持つのか)が決まってくるので、次回の塗装工事の事も考えた塗料選びをすることで失敗しない外壁塗装の依頼ができます。

大事なのは保証よりも品質

塗装会社によっては保証年数が5年とか10年とかある場合もありますので、長期保証を持っている塗装会社の方が安心できるような気がしますが、保証できる内容は塗料のグレードにもよるということを忘れてはいけません。
塗料によっては15年ほどの耐久性があるものもあれば、最高の職人が最高の腕で塗装工事を施工しても5年しか持たない塗料もあります。

外壁メンテナンスの費用対効果という意味では、費用が高くなっても長期的に安心できるグレードの高い塗料での施工が結果的に費用が安く済むでしょう。
次回の塗装工事までの期間も長くなり、品質も向上するので部分補修などの工事の必要も少なくなります。

外壁塗装の人気の色ランキング!

外壁塗装の人気の色をランキングでご紹介します!
家の壁の塗り替えのタイミングで、色の悩みは尽きないかと思いますが、少しでも色選びの参考になればと思います。
人気の色を選ぶのか、自分なりの色を選ぶのか、ご家族でしっかりと話し合って壁の色を決めましょう。
後悔の無い外壁塗装を!
外壁塗装・屋根塗装xのカラーシュミレーション

外壁塗装の人気の色はやっぱりベージュ!

外壁の色を選ぶときに無難に攻めた訳ではないかもしれませんが、一番人気の外壁の色はベージュです!
やっぱり、インテリアでもベージュ系が好まれているように、家の外壁でも人気の色にベージュが選ばれるのはうなずけますね。
ただ、ベージュというひとくくりの中にも淡い色から濃い色までいろいろありますし、外壁の素材自体もサイディングなのか塗り壁なのかなどによって雰囲気が大きく変わってきます。
その辺の外壁材選びにも注目していきたいですね。

外壁の人気の色第2位はブラックよりの焦げ茶色!

大人っぽいシックな色合いが最近は人気があるようです。
外壁の色を選ぶときにも、モダン系の落ち着いた茶系の色を選ぶ事で、家全体が大人っぽい雰囲気に包まれる事間違いなしです。
素材はサイディングを選ぶ事が多そうですが、サイディングの中にも様々な種類がありますので、縦なのか横なのかなど悩むポイントは無数です!

焦げ茶色は若い人に多そうな印象ですね!落ち着いた色なので、付帯部などのちょっとしたところの色の使い方が重要になってきます。
カラーコーディネータのセンスを間違わないように色を選びたいところです。

第3位!外壁の人気の色はまさかのグレー!

グレーが外壁の色でも多く選ばれているようです。
外壁塗装では、なかなか見ないかもしれませんが回りの住宅との兼ね合いも間違いの無いグレーが人気になるのは必然かもしれませんね!
近未来的な明るめのグレーなのか、ちょっと落ち着いた雰囲気の濃いめのグレーなのかは好みが分かれるところです。
グレーを使うのであれば、濃いめのグレート淡い目のグレーを1階と2階で使い分けてみたり、外壁だけではなく付帯部とのコントラストを楽しむのも面白いかもしれません。
無難な色を無難だけで終わらせないのも外壁塗装のおもしろみでしょう。

当サイトでは、下記サイトでの外壁塗装の現地調査・無料見積りをお勧めしています!
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の首都圏一都三県に限られてしまいますが、自宅の現地調査を無料で行っているので、一度見てもらうだけ見てもらっても良いかもしれません。
無料の現地調査無料で出してもらうお見積りを参考に外壁塗装を検討しましょう!
まずは、無料で現地調査の依頼からですよ!